ごあいさつ

こんにちは!

ウィル&ウィールlの五明玲子(ごみょうれいこ)と申します。

 

 私は子供の頃から、様々なボランティア活動をしていたのですが、大学生になっても本当は自分が何をしたいのかよく分かりませんでした。

 

 きっかけは、大学生のときに参加した海外プロジェクトです。

訪れた南太平洋の島では、高潮で家が流されることがあり、島の水たまりには塩が含まれていました。無知だった私は、なぜこんな海岸ぎりぎりのところに家を建てるんだろうと不思議に思ったものです。それが、海岸浸食や海面上昇の要因を含んでいるということは後に知ったことです。

 日本でもゲリラ豪雨が極端に増え、『観測史上最も・・』が毎年更新される、ものすごい早さで環境が悪化し、毎日種類もの生物が絶滅しています。でもほとんどの方はそれほど危機を感じていません。なぜでしょうか? 自分に直接的な被害がないからでしょうか。昔の美しい里山や川が失われてしまったことに気付いていないのかも知れません。

 SDGsによって地域との、世界とのつながりを感じることができます。また、90度だった視野が180度、あるいは360度見渡せるようになる可能性を秘めています。地球に住んでいない人はいないのだから本当は無関係な人はいません。

SDGsの世界観を共有し、30年後、50年度にこどもたちが笑っていられるようにみなさんと一緒に考えられる日を心から願っています。

どうぞアクセスしてください。

 

ウィル&ウィール 代表 五明玲子

 


Email: tsunagumirai@willandweel.com 

facebookページ: ウィル&ウィール